歴史

草創期

南禅寺の建立以前であるが、この地には、亀山天皇文永元年(1264年)に造営した離宮の禅林寺殿(ぜんりんじどの)があった。「禅林寺殿」の名は、南禅寺の北に隣接する浄土宗西山禅林寺派総本山の禅林寺(永観堂)[1]に由来している。この離宮は「上の御所」(上の宮)と「下の御所」(下の宮)に分かれていたが、弘安10年(1287年)に「上の御所」に亀山上皇が持仏堂を建立し「南禅院」と名付けた、これが南禅寺のそもそもの始まりである。後に持仏堂の南禅院は南禅寺の塔頭・南禅院となっている。 亀山上皇は正応2年(1289年)、40歳の時に落飾(出家)して法皇となった。2年後の正応4年(1291年)、法皇は禅林寺殿を寺に改め、当時80歳の無関普門を開山としてこれを龍安山禅林禅寺と名付けた。伝承によれば、この頃禅林寺殿に夜な夜な妖怪変化が出没して亀山法皇やお付きの官人たちを悩ませたが、無関普門が弟子を引き連れて禅林寺殿に入り、静かに座禅をしただけで妖怪変化は退散したので亀山法皇は無関を開山に請じたという。 無関普門は、信濃国の出身。東福寺開山の円爾に師事した後、40歳でに留学、10年以上も修行した後弘長2年(1262年)に帰国した。70歳になるまで自分の寺を持たず修行に専念していたが、師の円爾の死をうけて弘安4年(1281年)に東福寺の住持となった。その10年後の正応4年(1291年)に南禅寺の開山として招かれるが、間もなく死去する。開山の無関の死去に伴い、南禅寺伽藍の建設は実質的には二世住職の規庵祖円(南院国師)が指揮し、かつての禅林寺殿の「下の御所」を整備して、永仁7年(1299年)頃に寺観が整った。当初の「龍安山禅林禅寺」を「太平興国南禅禅寺」という寺号に改めたのは正安年間(1299年 - 1302年)のことという。一山一寧正和2年(1313年)には後宇多上皇の懇請に応じ、上洛して南禅寺3世となった。正中2年(1325年)には夢窓疎石が当寺に住している。 建武元年(1334年)、後醍醐天皇は南禅寺を五山の第一としたが、至徳3年(1385年)に足利義満は自らの建立した相国寺を五山の第一とするために[2]南禅寺を「別格」として「五山の上」に位置づけ、更に五山を京都五山鎌倉五山に分割している。   南禅寺境内にある琵琶湖疏水の水道橋(水路閣) この頃には南禅寺は塔頭60か寺を要する大寺院となっていたため、旧仏教勢力の延暦寺三井寺と対立して政治問題に発展、管領細川頼之が調停に乗り出すという一幕もあった。 明徳4年(1393年)の火災と文安4年(1447年)の南禅寺大火に見舞われ、主要伽藍を焼失したがほどなく再建。しかし応仁元年(1467年)に勃発した応仁の乱における市街戦で伽藍をことごとく焼失してからは再建も思うにまかせなかった。

近世以後

南禅寺の復興が進んだのは、江戸時代になった慶長10年(1605年)に以心崇伝が入寺してからである。翌慶長11年(1606年)には豊臣秀頼によって法堂が再建されている。 以心崇伝は徳川家康の側近として外交や寺社政策に携わり、「黒衣の宰相」と呼ばれた政治家でもあった。塔頭金地院に住した崇伝は、江戸幕府から「僧録」という地位を与えられている。これは日本全国の臨済宗の寺院を統括する役職である。以後、金地院の住持は金地僧録と呼ばれ、絶大な権勢を誇った。慶長16年(1611年)には、豊臣秀吉天正年間(1573年 - 1593年)に建てた女院御所の対面御殿が下賜され大方丈とされた。 1875年明治8年)、境内に日本初の公立精神科病院京都府療病院付属癲狂院」(現・川越病院)が設立されている[3][4]。  1888年(明治21年)に建設された、当寺の境内を通る琵琶湖疏水の水路閣は田辺朔郎の設計によるもので[5]テレビドラマの撮影に使われるなど、今や京都の風景として定着している。当初は塔頭南禅院の南側にトンネルを掘って水路にする予定であったが、それでは南禅院にある亀山法皇廟所の裏を通ることになり、南禅寺が反対した。そのために現在の形を取ることになった。建設当時は古都の景観を破壊するとして反対の声も上がった一方で、南禅寺の三門には見物人が殺到したという[6]明治維新直後には政府の上地に遭い寺領の多くを失ったため廃絶に追い込まれた塔頭も少なくなかったが、その跡地は邸宅地として再開発され、そこには植治こと小川治兵衛により疎水から引き込んだ水流を主景とする数々の名庭園が造られ、いまなお貴重な空間として残っている。 1895年(明治28年)に法堂が焼失し、1909年(明治42年)に再建された。 1937年昭和12年)、塔頭の南禅院将棋坂田三吉木村義雄の対局が行われている。この対局は同年の2月5日から11日までの7日間で、持ち時間が各者30時間という大勝負であった。また先手木村の▲7六歩に後手阪田が△9四歩と指したことでつとに有名。勝負の結果は若い木村が高齢の阪田に快勝した。 なお南禅寺境内は2005年平成17年)に国の史跡に指定されている。

境内

  法堂   歴史を感じさせる三門の柱   方丈(国宝)

大方丈の間取りは六間取で、南側が西から順に花鳥の間(西の間)、御昼の間、麝香の間、北側が西から順に鶴の間、仏間(内陣)、鳴滝の間である。建物の東端は幅一間半の細長い部屋で、柳の間と呼ばれる。仏間を除く各室に桃山時代、狩野派の障壁画があり、計124面(附指定4面を含む)が重要文化財に指定されている。これらは旧御所の障壁画を引き継いだものであるが、建物の移築に際して襖の配置構成が大幅に変更されており、本来ひと続きの画面であった襖が別々の部屋に配置されているものも多い。欄間の彫刻は左甚五郎の作だとされている。小方丈の障壁画は狩野探幽の作と伝えられるが、作風上からは数名の絵師による作と推測されている。
  • 方丈前庭「虎の子渡しの庭」(国の名勝) - 方丈の前にある枯山水庭園小堀遠州の作といわれる[10]
  • 小方丈庭園「如心庭」 - 1966年昭和41年)に当時の管長柴山全慶老師による作庭。
  • 庭園「蓬莱神仙庭」
  • 庭園「六道庭」
  • 庭園「鳴滝庭」
  • 庭園「還源庭」
  • 庭園「華厳庭」
  • 土蔵
  • 茶室「不識庵」 - 1954年(昭和29年)に茶道宗徧流8世山田宗有宗匠から寄進。
  • 庭園「龍吟庭」
  • 茶室「窮心亭(きゅうしんてい)」 - 1968年(昭和43年)に宗徧流一門から寄進。
  • 龍渕閣 - 坐禅会などが行われる。
  • 本坊
    • 庫裏
    • 大玄関
    • 書院
  • 瑞宝殿 - 収蔵庫。
  • 琵琶湖疏水「水路閣」 - 1888年(明治21年)築。レンガ造りのアーチ橋。写真撮影の有名なスポットでもある。
  • 鐘楼 - 塔頭・南禅院と琵琶湖疎水の横の高台にある。
  • 三門重要文化財) - 歌舞伎の『楼門五三桐』(さんもんごさんのきり)の二幕目返しで石川五右衛門が「絶景かな!絶景かな!」という名科白を廻す「南禅寺山門」がこれである。ただし実際の三門は五右衛門の死後30年以上経った寛永5年(1628年)に、津藩主・藤堂高虎大坂夏の陣で戦死した一門の武士たちの冥福を祈るために寄進したものである。別名「天下竜門」と呼ばれる。創建当時の三門は永仁3年(1295年)に西園寺実兼の寄進によって建てられたものだが、応安年間(1368年 - 1375年)に新たな三門へ建て替えられた。しかし、文安4年(1447年)の南禅寺大火で焼失してしまっていた。五間三戸(正面柱間が5間で、うち中央3間が出入口)の二重門(2階建ての門)。上層は「五鳳楼」といい、釈迦如来十六羅漢像のほか、寄進者の藤堂家歴代の位牌、大坂の陣の戦死者の位牌などを安置する。天井画の天人と鳳凰の図は狩野探幽筆。知恩院三門、東本願寺御影堂門とともに、京都三大門の一つに数えられている。
  • 石灯籠 - 寛永5年(1628年)に佐久間勝之が奉納したもの。俗に佐久間玄藩の片灯籠と呼ばれている、高さは6メートルあり、東洋一の灯篭である。
  • 勅使門(重要文化財) - 寛永18年(1641年)に明正天皇より御所の「日の御門」を拝領し、移築したものという。
  • 中門 - 慶長6年(1601年)、細川家の家老・松井康之によって伏見城内の松井邸の門を勅使門として寄進がなされたもの。日の御門の拝領に伴って現在地に移された。幕末までは脇門と呼ばれていた。
  • 拳龍池
  • 南禅会館 - 宿坊。
  • 綾戸神社