沿革

京都府内で唯一2,000席の座席を越えるホールである。1960年から1995年まで、京都市交響楽団定期演奏会が行われていた。 2010年に開館50周年を迎え、ロゴマークを決定した。また、50年前に開館式が行われた2010年4月29日に、開館記念コンサートと同じ曲目であるルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの交響曲第9番を井上道義が指揮する京都市交響楽団が演奏した。 2003年には、DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選定。 施設の老朽化に伴い、2012年3月限りで閉鎖し、約110億円を投じて改修(一部は改築)工事に入り[5]、2016年1月10日に新装開場した。この工事費用の捻出のため、地元の電子部品メーカーであるロームに命名権を売却した。契約期間は50年で、総額52億5,000万円という契約である[6]。なお、命名権が適用されるのは改修工事による施設の新装開場からであるが、名称は開場に先んじて発表され[7]、隣接する京都市営バスの停留所名も2014年3月22日から「岡崎公園ロームシアター京都・みやこめっせ前」と一足早く変更された。 この再整備計画に対し、国際記念物遺跡会議の国際学術委員会は、前川國男の代表作の一つである京都会館は文化財として重要であり、再整備計画は文化財としての価値に対して取り返しのつかない害を及ぼし、美と調和を破壊するとして、危機遺産警告を発令する可能性を意見書の中で示唆した[8](ただし、京都会館が世界遺産に認定されているわけではない)。これに対し、京都市は「建物の形状自体がホールとしての機能を低下させており、改修ではデザイン性・機能性とも要求を満たせないため、委員会の意見を取り入れた上で改築を行う」と回答した[9]。 改修工事では、北側部分にあった第1ホールは解体されて、新たにメインホールおよびノースホールが作られ、第2ホールと会議場などがあった南側部分についても耐震改修等が行われ、サウスホールなどが設けられた。[10][11] 京都市は2019年10月ロームシアター京都の館長に、演出家で劇団『地点』代表の三浦基へ就任を打診。その際、元劇団員から労働組合を通して「退職強要などのパワハラを受けた」との訴えがあり団体交渉が続いていた。三浦基、本人が「パワハラの事実はない」と否定したため、京都市は2020年1月に三浦基が就任することを発表した。しかし、2020年2月14日この発表に対し、土田英生蔭山陽太水沼健吉本有輝子あごうさとし田中遊葛西健一筒井加寿子倉田翠浜村修司池辺茜北方こだち松田正隆鈴江俊郎平田オリザマキノノゾミの演劇関係者や、京都舞台芸術協会が、この選出経緯に対し説明するよう、京都市に対し公開質問状を送った[12]。その後、2020年3月19日京都市は新館長人事について、同年4月に予定していた三浦基の就任を1年延期して2021年4月1日にすると発表した[13]。だが、最終的には三浦基の就任を断念することとなり、2021年4月1日付で山中博昭が館長に就任した[14]

施設・座席数